上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l ホーム
男シリーズ 男の紅葉 其の五
いや~、長かったこれに出会うまで...

すっかり、辺りは暗くなってしまったが見事な紅葉が。

男のルール 其の三

「決して、諦めるな。

 道中寄り道をしても良い。 マイペースでも良い。

 諦めなければ、光と奇跡が待っている。」

男シリーズ 男の紅葉 其の五

男シリーズ 男の紅葉 其の五
この紅葉に、「男とは何か?」と思いふけている所を

イマチャンが俺を捕らえた。

哀愁ただよう俺。

この紅葉に比べると、俺なんかまだまだ男の上の田の文字すらなっていない男だ。

男シリーズ 男の紅葉 其の五
三脚を使う、イマチャン。

オイオイちょっと待ってくれイマチャン、今回俺たちは三脚持っきて無いはずだぜ。

いやまてよ...

この男、木を支えている棒をまるで三脚のごとく扱ってやがる。

流石だよ、アンタ...

男シリーズ 男の紅葉 其の五
そんな、三脚で撮った彼の写真。

その三脚で、どんなええ写真撮ってやがるんだ...

男シリーズ 男の紅葉 其の五
イマチャンがピントがなかなか合わないなか、必死で撮った一枚。

オートフォーカスが悲鳴を上げる中、その悲鳴を黙らせてとりやがった。

彼にとって今日の男の一枚であることには間違いないのだ。

こうして、長い長い紅葉の旅が幕を閉じたのであった。

今回の旅で、男レベル32になった俺たちは一先ずセーブする事に。

そして、来年またしっかり体力を戻しまた旅に出ようと誓い、

仲良く肩を組み帰路に着いたのだ。


スポンサーサイト
2011.12.27 Tue l 男シリーズ l コメント (16) トラックバック (0) l ホーム
男シリーズ 男の紅葉 其の四
結局俺たちは、勇気ある決断下し、紅葉を諦め帰宅しようとしたが

この男二人が諦めるはずがない。

なんとか、紅葉を撮ろうと男の決断を下した結果、植物園へ足を運んだ。

決してこの選択は簡単なものではなく、近年まれにみる非常に厳しく難しい選択であった。

男シリーズ 男の紅葉 其の四
だが、ま、ましても寄り道を...

こんなものを素通りなんてできない、「温室エリア」

もう閉まるか閉まらへんかギリギリの所で、なんとか「イマチャン」の

男の交渉の結果、入れる事に。

彼を見て俺は男とはこういうものだと、改めて初心に帰らされたのだ。

男シリーズ 男の紅葉 其の四
大好きなサボサボ。

あ~たまんね~。

男シリーズ 男の紅葉 其の四
これなんか、もう。

どんだけトゲトゲしいんや。

あ~お前たち男だよ。

(其の五に続く...)
2011.12.25 Sun l 男シリーズ トラックバック (0) l ホーム
男シリーズ 男の紅葉 其の三
さて気の済むまで投げた俺たちは、ようやく本命の紅葉へと足並み揃え向かう。

しかし、何処に進もうが赤い奴が見あたらい...

マジか...完全に終わってやがる...

オイオイ、俺様の一週間前のメディア情報では真っ赤なはずだぜ。

マジ、ソーリーイマチャン。

男シリーズ 男の紅葉 其の三
ここで、男のルールその2

「ここで焦るな。

 一度、冷静になりそして無の心に...

 そして落ち着いたら、とりあえず自分の人生を振り返れ」

という事で、俺とイマチャンの2秒間という長い男相談の結果、紅葉から建物の

写真にシフトチェンジする事に。

男シリーズ 男の紅葉 其の三
珍しく、すこし加工を。

結構、前へ前へ、男、男、みたいな濃い感じになってしまったが、

これはこれでなかなか男気あふれた写真になりやがった。

男シリーズ 男の紅葉 其の三
今回の数ある写真の中で俺的に間違いなく3本の指に入る写真。

かなり男ポイントアップだぜイマチャン。

たぶん、モデルの俺がシブイんやろうな。

いやいや、建物がかなりの雰囲気だしてんやろ。

...いや、やっぱ俺かな。

まてまて、やっぱこれは建物やわ。

いやまてよ、イマチャンの腕やな。

...いや、でも俺のような気がしてきた。

...ゴメン、イマチャン俺にしといて。

            (其の四に続く...)
 
2011.12.22 Thu l 男シリーズ トラックバック (0) l ホーム
男シリーズ 男の紅葉 其の二
トップバッターは俺様。

オウオウ、一年の厄をブン投げてやろうじゃないかい。

俺の完璧なまでのサイドスローを、「イマチャン」が完璧に激写。

イマチャン、マジサンキュー。

男シリーズ 男の紅葉 其の二
ここで、「男のルール その一」

「投げ終わった後のポーズは、服を脱ぎ捨ててまでも

自分が描いたポーズになるまで完璧に決めろ。」

ここで、イマチャンが一言。

「まるで、サーカスや。」

オイオイ、そりゃないぜイマチャン。

男シリーズ 男の紅葉 其の二
二番手、「イマチャン」。

マジか、この人本気や。

左手そんなに曲げたらあかんわ、完全に左手の手の平が天の方向に向いてやがる。

男シリーズ 男の紅葉 其の二
やっぱ、男だわこの人。

投げ終えた後、3分ぐらい話かける事が出来ないぐらいのオーラだしてやがる。


                            (其の三に続く)
2011.12.20 Tue l 男シリーズ トラックバック (0) l ホーム
男シリーズ 男の紅葉 其の一
男シリーズと言えばこの男、毎度お馴染みの「男前イマチャン」と

今回は紅葉を食らうべき旅に。

「男なら 一度は行っとけ 神護寺へ」

の合言葉を口ずさみながら、カメラを構える。

男シリーズ 男の紅葉 其の一
やっぱり、風格があるぜ。

ただ、この冬っぽい木の枝が若干気になる...

男シリーズ 男の紅葉 其の一
本堂の行くまでにこれが気になってしかたがない、俺たち...

神護寺名物、かわらけ投げ...(厄除けに小さなお椀型のかわらを高い所からおもっいきり投げるのだ)

いやいや、ここはぐっと我慢してとりあえず本堂へ。
男シリーズ 男の紅葉 其の一
買ってしまった俺たち...

            (其の二に続く…)
2011.12.18 Sun l 男シリーズ トラックバック (0) l ホーム
神々しい
美容室で髪を切って帰ってきた、嫁。

なんか、神々しい...

とりあえず拝んでおこう。
2011.12.12 Mon l 日記 トラックバック (0) l ホーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。